スクエアシンク「JS15シンク」

製品案内

JS15シンクシリーズ JS15シンクシリーズ

JS15シンクシリーズの特徴

  • プレスシンクでは最小の15Rコーナー

    プレスシンクでは最小の15Rコーナー

    これまで80Rが限界だったコーナーRを15Rにまで縮小。新日鐵住金ステンレス(株)の新素材とシゲル工業(株)のプレス加工技術によって可能になりました。

  • アクセサリーもピッタリ収まる

    アクセサリーもピッタリ収まる

    小さくなったコーナーRによって、アクセサリーはシンク端まで動かすことが可能。豊富なアクセサリーを付けても作業スペースが確保できて便利です。

  • 深絞り技術によって深さがアップ

    深絞り技術によって深さがアップ

    従来のプレス加工技術では、コーナーRの2.5倍が深さの限界でした。JS15シリーズでは、コーナーR15に対してシンクの深さが最深部で195ミリを実現。深さがアップすることで、アクセサリーを活かした効率的なキッチン作業ができます。

  • 「清潔」かつ「美しい」シンク

    「清潔」かつ「美しい」シンク

    排水口はシンクと一体になっており、お手入れがカンタンで衛生面はバッチリ。ステンレス素材で汚れが残りにくく、いつでも清潔な状態を保つことができます。また、スクエアな排水形状はより一層シンクの美しさを際立てます。(JS15Mタイプのみ)

充実のシンクアクセサリー

  • 水切りプレートで、茹でこぼしも衛生的に行なえます。

  • シンクの立体スペースを活用することで、洗い物もかさばりません。

  • お母さんとお子さんのどちらも作業しやすい高さです。

  • 水切りカゴは、深すぎずちょうどいい大きさです。

「ダントツ」機能 2つのレールとアクセサリーで効率的な調理が可能

JS15シンクシリーズは上中2つのレールがあり、これまでより作業がしやすくなります。
上段のレールは、プレートやまな板を置くことで、調理スペースを拡大。
中段のレールは、プレートの下にも洗い物を置けるスペースを確保しました。
2つのレールとアクセサリーで、複数作業が同時に可能な最上位モデルのファンクションシンクです。

  • 1段(上段)

  • 1段(中段)

  • 2段

キッチンの大きさに合わせて選べる2種類のシンクサイズ

JSLタイプ(W826mm×D410mm×H195mm)

シンクに食器を溜めてもお鍋が洗える、スペースにゆとりのあるシンクです。段の数の違いで3パターンからお選びいただけます。

  • JSL-K 3F FS(2段)

    JSL-K 3F FS(2段)

  • JSL-K 2F FS(1段)

    JSL-K 2F FS(1段)

  • JSL-K FS(ノーマル)

    JSL-K FS(ノーマル)

JSMタイプ・JSNタイプ(W760mm×D410mm×H195mm)

900ミリのシンクキャビネットに収まるサイズのシンクなので、キッチンの設計を変える必要はありません。それぞれ段の数の違いで、3パターンずつご用意しております。

  • JSM-K 3F FS(2段)

    JSM-K 3F FS(2段)

  • JSM-K 2F FS(1段)

    JSM-K 2F FS(1段)

  • JSM-K FS(ノーマル)

    JSM-K FS(ノーマル)

  • JSN-K 3F FS (2段)

    JSN-K 3F FS (2段)

  • JSN-K 2F FS (1段)

    JSN-K 2F FS (1段)

  • JSN-K FS(ノーマル)

    JSN-K FS(ノーマル)

アクセサリー

  • 水切りプレート

    水切りプレート

  • サポートプレート

    サポートプレート

  • まな板

    まな板

  • 水切りカゴ

    水切りカゴ

  • 洗剤カゴ

    洗剤カゴ

JS15紹介動画

JS15シリーズについての不明点やお見積りのご依頼は、お気軽にお問い合わせ下さい。
カタログ各種、もしくはカットサンプル品の送付も承っております。

お電話での受付:025-545-2179