会社概要

会社概要

シゲル工業とは

シゲル工業では、材料の受け入れから出荷までを一貫して行い、作業の効率化を図りつつ、さらなる品質向上を実現しています。

  1. ステンレスの絞り加工を得意分野とし、この技術を活かして一般流し台から高級システムキッチンカウンターまで幅広く製造しています。
  2. 大能力のプレス機から小型プレス機まで多種の設備を有し、
    キッチン関係以外でも幅広い絞り加工製品が取り扱えます。
  3. 又、レーザー切断機・折り曲げ機 などの設備も有し、ステンレス板金加工や溶接組立加工もできます。

 

会社概要

称号 シゲル工業株式会社
創立 昭和34年5月15日
代表者 代表取締役社長 今井辰美
事業内容 ステンレス家庭用シンクトップ(上台)の製造および販売
ステンレス住宅機器の製造および販売
金属製品のプレス加工
資本金 9,872万円
売上規模 30億円/年
主要株主 NSステンレス株式会社
新日鐵住金ステンレス株式会社

従業員 85名
事業所 本社(新潟県上越市)
営業部(東京都北区)
大阪営業所(大阪府大阪市)
上越工場(新潟県上越市)
主要販売先 パナソニックエコソリューションズ住宅設備株式会社
TOTOハイリビング株式会社/クリナップ株式会社
タカラスタンダード株式会社/株式会社ハウステック
マイセット株式会社/株式会社ナカヤマ
IKEA JAPAN K.K/株式会社LIXIL
その他全国キッチンメーカー (順不同)
主要取引銀行 三井住友銀行 中村橋支店
八十二銀行 直江津支店
第四銀行 直江津支店

経営方針

基本理念

ステンレスキッチンで明るく・楽しく・使い易い空間を演出

使う人に感動を
お客様に信頼を
働く人に喜びを

経営理念

公平・透明・正直な経営で社会と共生

「約束を守る会社」
「技術を生かす会社」
「規律と協調そして熱意の溢れる会社」
を目指します。

会社沿革

昭和  34年 5月 埼玉県戸田市に有限会社シゲル研磨工業所として発足。資本金250万円
  36年 7月 シゲル工業株式会社に改組、商号を変更。
    10月 ステンレスシンクトップ(上台)の製作加工部門へ進出。
  37年 4月 資本金を750万円に増資。
    8月 神奈川県藤沢市に藤沢工場を新設、同じくトップ製作加工を開始。
  39年 10月 資本金を1,500万円に増資。
  43年 6月 戸田工場に500t油圧プレスほか大型プレス機械類および研磨、搬送関係の自動化省力設備を導入し、トップ増産体制を整備。
  44年 10月 資本金を1,872万円に増資。
  45年 10月 資本金を4,872万円に増資。
  46年 5月 藤沢工場に大型油圧プレスほか省力化諸設備を導入、量産体制を整備。
  49年 4月 藤沢工場に2,300t油圧プレスを導入し、住設機器・業務用厨房器具の生産体制を整備。
    7月 資本金を9,872万円に増資。
  50年 8月 日本ステンレス株式会社(現新日鐵住金ステンレス(株))を主軸とした住友グル-プ各社の資本および経営参加を得て経営基盤の強化整備を図った。
  51年 7月 福岡県久留米市に九州営業所開設。
  53年 8月 システムキッチン用流し台、上台の量産体制を確立。
  56年 11月 超長尺流し台の量産体制を確立。
平成 3年 7月 新潟県中頚城郡頚城村に上越工場を新設。
  4年 6月 戸田工場を閉鎖し、本社を埼玉県さいたま市(旧大宮市)に移転。
    10月 戸田工場の設備を上越工場に集約し、シンクトップの総合製造体制を確立。
  6年 10月 上越工場に精整作業の効率化を図るため精整棟を増築。
  8年 12月 上越工場に1200t複動プレスを導入し、シンクトップの前工程増産体制を確立。
  11年 3月 関東地区物流センタ-閉鎖。
  15年 10月 上越工場ISO14001認証取得。
  16年 12月 藤沢工場ISO14001認証取得。
  17年 5月 上越工場に800tリストライクプレスを導入。
  18年 2月 福岡県久留米市の九州営業所倉庫を閉鎖し、同市に事務所移転。
    8月 藤沢工場から上越工場にステンレスカウンタ-の製造を移管し、藤沢工場をシンク専用工場とする。
  20年 7月 九州営業所を閉鎖し、大阪営業所を開設。
  22年 3月 藤沢工場閉鎖。
  22年 7月 本社を新潟県上越市(上越工場)に移転。(営業部は東京都北区へ移転。)